HOME » セラミドとは?すべてが分かる教科書 » 植物性セラミドとは

セラミドとは?全てが分かる教科書植物性セラミドとは

textbook

植物性セラミドとは、米・トウモロコシ・大豆・こんにゃく芋などといった植物から抽出されたセラミド成分のことを指します。植物由来のため、化粧品やサプリメントに配合しても、身体に優しく刺激になりにくいという特徴を持っています。
しかし、米・大豆・麦由来の場合、人によってはアレルゲンとなるケースも少なくないので、最近ではそのリスクが少なくセラミドの含有量が多い、こんにゃく芋由来のセラミドが注目されています。

植物性セラミドのメリット・デメリット

merit
動物性セラミドと同じく天然由来の植物性セラミドは、肌への浸透力が高いことがメリットとして上げられます。また、原材料となる植物のほとんどが普段食用として私たちが食べているものなので、他の種類のセラミドと比較して、身体に優しく刺激になりにくいのが魅力です。そのため、酷い敏感肌やアトピー肌にも安心して使用できる成分として、低刺激なスキンケアシリーズに多く採用されています。
動物性のセラミドに比べ、安価なものが多いというのも、植物由来の大きなメリットでしょう。
merit
植物性セラミドのデメリットには、動物性のセラミドに比べると、多少効果が弱いという点です。植物由来の成分ですので、人間の肌にあるセラミドとは微妙に構造が異なっており、そのため親和性に関してはどうしても低くなってしまうのです。
また、米・麦・大豆などから抽出されたセラミドは、それらをアレルゲンとする人にはおススメできません。こんにゃくセラミドなど、アレルゲンになりにくいものを選んでくださいね。

植物性セラミド配合化粧品の選び方

肌の一番表面にある角質層へセラミドを届けるには、スキンケアで直接肌に浸透させるのも有効な手段です。しかし、酷い乾燥で敏感になっているようなお肌には、スキンケアであっても刺激となる場合があります。その点で植物性セラミドは動物性などに比べ刺激が少ないので、安心して使用することができると思います。

現在注目されているこんにゃくセラミドは保湿力が高く、植物性セラミドの中でも肌馴染みが良いとされています。動物性のセラミドほど高価ではないため、1度に多量の化粧品を使えるので、結果としてより美肌に役立つ場合も多いようです。

しかし、低刺激で安全性が高い植物由来といっても、原材料によってはアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。特に米・麦・大豆はアレルゲンになりやすい原料なので、アレルギーのある方は必ずチェックしましょう。

アレルゲンとなる可能性の低いこんにゃく由来のものは、そういった意味でも優れているといえますね。

セラミド化粧品の効果的な使い方【美容液編】

セラミド化粧品の効果的な使い方【洗顔料編】

セラミド配合の美容液を選ぶポイントには、「セラミドの種類」と「配合量」が挙げられます。セラミド化粧品に求められているのは、いかに保湿力が高いかという点。そういった意味では、人の肌にあるセラミド成分と似ている「ヒト型セラミド」がおすすめですが、生産コストが高くなるのが難点。

セラミドの中でも比較的安価な「植物性セラミド」なら、セラミド配合量も多くて肌にやさしいので、美容液の配合成分としておすすめのセラミドだと思います。

化粧品に入ってる植物性セラミド成分辞典

◆天然セラミドの代表的な成分名

  • 「加水分解コンニャク根」…こんにゃく芋から抽出されたセラミド
  • 「グルコシルセラミド」…米から抽出された水溶性のセラミド
  • 「トウモロコシ胚芽抽出物」…トウモロコシの胚芽から抽出されたセラミド含有の植物油
  • 「コメヌカスフィンゴ糖脂質」…米ぬかから抽出されたセラミド
  • 「セラミド糖脂質含有米エキス」…お米から抽出されたセラミド
  • 「セラミド含有米抽出物」…お米から抽出されたセラミド

植物由来のこのセラミドに注目!

成分名 「加水分解コンニャク根」 参考商品 「モーニュ」

「植物性セラミド」の原料となる植物の中でも、こんにゃく芋の含有率はとても高く、麦や米の7~15倍も多く含まれています。比較的安価に大量生産が可能であり、またアレルゲンとなる心配もほぼないので、敏感肌やアトピー肌の方にも安心して使用することのできるセラミドと言えるでしょう。
参考商品としてご紹介している「モーニュ」では、早稲田大学と共同開発し特許も取得している「加水分解コンニャク根」というこんにゃくのセラミド成分を、スキンケアシリーズの全ての商品に配合しています。
化粧品に配合されている豊富なセラミドが、デリケートになっているお肌を優しく潤しながら、バリア機能を向上させ外部刺激からお肌を守ります。

「モーニュ」公式URL:http://www.moonyu.jp/

成分名 「コメヌカスフィンゴ糖脂質」 参考商品 「RED B.A」

米ぬかや米胚芽から抽出された糖脂質を、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」と言います。植物性セラミドとしては珍しく、人の肌にあるセラミドと同じような構造を持っているため、保湿効果の高い植物性セラミドとして期待されています。
ただアレルギー体質の方などには、お米がアレルゲンとなる場合もあるので、注意が必要な成分でもあります。参考商品の「RED B.A」にもこの保湿成分コメセラミドが入っています。
ポーラオリジナルの複合保湿成分「BAリキッドE」、角質層の透明感へ導く「EGクリアエキス」、肌の弾力をサポートする「YACエキス」などを配合し、濃密なとろみがあるのが特徴。最先端の技術で作り上げられたエイジングケアラインです。

「RED B.A」公式URL:http://net.pola.co.jp/beauty/products/html/item/002/020/item147865.html

成分名 「グルコシルセラミド」 参考商品 「ウフドール」

「グルコシルセラミド」は、こんにゃく・小麦・米・大豆などに含まれる植物性セラミドの一つです。高い保湿効果を持っている成分で、角質層でセラミドが作られる時の元ともなるため、バリア機能を正常に整えてお肌の健康を保つサポートをします。
参考商品である「ウフドール」では、主成分となっている「マゴジャクシ菌糸体」に、保湿効果を高めるため、お米由来で水分を保持する効果のある「グルコシルセラミド」と水分をキャッチする「グリセリン」、水分を抱え込む「ヒアルロン酸」の3成分を目いっぱい配合。
水分を「捕まえる」「抱える」「閉じ込める」効果で、時間が経過しても内側から潤いが続く美肌へと導く、超シンプルケアを実現しています。

「ウフドール」公式URL:https://www.oeufdor.com/campaign/regular.php

自分の肌に合うかは、ココをチェックしよう!

植物性セラミド配合の化粧品を選ぶ時は、まず原料は何かをチェックすることをおすすめします。低刺激で、敏感肌やアトピー肌の方にも、安心して使用できる成分ですが、米・小麦・大豆など原料によってはアレルゲンとなる可能性があるためです。特にアレルギーを持っている方は、必ずチェックしたいところ。

また、成分名からは由来までわからない場合もありますので、本格使用前のパッチテストは必ずおこなうようにしましょう。

伊藤まゆ先生

監修ドクター:伊藤まゆ先生

■伊藤まゆ先生 プロフィール

M’sクリニック南麻布 院長
聖マリアンナ医科大学卒業後、同大学病院、関連病院にて消化器・一般外科に従事。「Zクリニック青山」「メディアージュ銀座クリニック(院長)」を経験した後に、「M’sクリニック南麻布」を開院。消化器外科医と美容医療の経験をもとに「体の内と外からの抗老化医療」をコンセプトにした診療を行っている。
「M'sクリニック南麻布」公式URL: http://www.ms-clinic.net/