セラミドとは?全てが分かる教科書ヒト型セラミドとは

textbook

「ヒト型セラミド」は、「バイオセラミド」「合成セラミド」とも呼ばれるセラミドの種類の一つです。酵母を利用して人工的に生成されるセラミドで、人の肌がもともと持っているセラミド成分と同じ化学構造で作られているのが特徴です。そのため、天然セラミド同様に肌への親和性・浸透性に優れていてます。

現在では多くのセラミド配合化粧品に採用されています。ただし、ヒト型はセラミドの中でも高価なので、配合量には注意が必要です。

ヒト型セラミドのメリット・デメリット

merit
ヒト型セラミドのメリットとしては、浸透性と親和性に優れている点が挙げられます。人の肌にあるセラミドと同じ構造をしているため、肌馴染みがとても良く保湿効果も高いなどの特徴があり、配合成分としてとても人気があります。
merit
人の肌にあるセラミド成分と構造が同じ事からメリットの多いヒト型セラミドですが、水溶性ではないため水に全く溶けない性質や粒子が大きいことから、高配合が難しく肌の奥までは届きにくいという面も持っています。しかし現在では技術革新が進み、こういったデメリットも改善されつつあるようです。
また高価な成分のため、十分な効果が発揮されるのか、配合量のチェックも行いましょう。

ヒト型セラミド配合化粧品の選び方

ヒト型セラミドは、もともと人の肌にあるセラミドと構造が同じなため、天然セラミド(動物性セラミド)と同じく、肌に親和性があり保湿効果も高いとされています。しかも天然セラミドより安価に生成ができるため、今では多くの保湿化粧品に採用されています。

しかし、ヒト型セラミドは粒子が大きく、なかなか角質層の隅々にまで浸透ができないという面も指摘されてきました。最近では技術革新が進み、粒子のナノ化が可能となり、浸透率も飛躍的にアップしているそうです。そのため、ヒト型セラミド配合の化粧品を選ぶ時は、「ヒト型ナノセラミド」などナノ化されたものが配合されているかどうか、そこに注目して選ぶのがおすすめです。

セラミド化粧品の効果的な使い方【乳液編】

セラミド化粧品の効果的な使い方【乳液編】

スキンケアで乳液やクリームは、補給してあげた水分や栄養素を閉じ込める役割をするため、油分が多く含まれています。効能に関しては両方とも同様の効果が期待できるケア商品ですが、乳液の方がクリームに比べて油分が少ない分、夏場など油分をできれば避けたい時に、さっぱりとした使い心地で保湿ケアができます。
もちろん、乳液だけでは乾燥が気になる場合は、クリームを重ねづけするのも、より効果的な使い方としておすすめできる方法です。

化粧品に入ってるヒト型セラミド成分辞典

◆ヒト型セラミドの代表的な成分名

  • 「セラミド1」…酵母より生成されたヒト型セラミド
  • 「セラミド2」…酵母より生成されたヒト型セラミド
  • 「セラミド3」…酵母より生成されたヒト型セラミド
  • 「セラミド4」…酵母より生成されたヒト型セラミド
  • 「N―ステアロイルフィトスフィンゴシン」…セラミド3と同様
  • 「ヒト型ナノセラミド」…酵母より生成されたヒト型セラミドをナノ化させた成分

酵母由来のこのセラミドに注目!

成分名 「セラミド3」 参考商品 「アスタリフト」

ヒト型セラミドの中でも、最も多く化粧品に配合されているものの一つが「セラミド3」です。水分保持機能に優れたセラミド3は、肌の中にあって加齢とともに減少するとされています。しかも、セラミド3の減少は肌に及ぼす影響力がとても高いと言われていて、アトピー性皮膚炎など様々な肌トラブルの要因ともされています。

ヒト型セラミドのセラミド3は、もともと人体にあるセラミド3と同じ構造をしているため肌に素早く馴染み、高い保湿効果が得られます。さらに参考商品の「アスタリフト」では、そんなヒト型セラミドの粒子をナノ化。この技術によって角質層深くすみずみまでセラミドを浸透させ、しっかりと保湿効果を実感できるようになっています。

「アスタリフト」公式URL:http://shop-healthcare.fujifilm.jp/astalift/

成分名 「セラミド2」 参考商品 「アヤナス」

ヒト型セラミドの一つであるセラミド2は、セラミド3と同じく水分保持機能に優れていて、お肌の水分バランスを保つのに効果を発揮する成分とされています。人の肌にあるセラミド成分の中で、全体の21%と最も多く存在しているため、肌に及ぼす影響力も高いと言われています。そんなセラミド2と同じ構造を持っているため、ヒト型セラミドのセラミド2も注目度が高く、多くの化粧品に配合されています。

参考商品の「アヤナス」のスキンケアシリーズもその一つです。ナノ化したセラミド2(セラミドナノスフィア)が配合され、角質層の保水機能をアップさせバリア機能を整えていきます。アンチエイジング効果もあるため、大人の敏感肌ケアに最適です。

「アヤナス」公式URL:http://www.decencia.co.jp/c/c40/

成分名 「N-ステアロイルフィトスフィンゴシン」 参考商品 「ノブⅢ」

ヒト型セラミドのセラミド3は、「N-ステアロイルフィトスフィンゴシン」とも成分表示されます。ですので、効能的にはセラミド3と同様で、高い保湿機能を誇っている成分です。そのため、医薬部外品となる薬用スキンケア商品にも配合されることが多く、敏感なお肌を安全にケアするために利用されています。

参考商品である「ノブⅢ」も、皮膚のバリア機能に着目した低刺激性の高保湿化粧品として、N-ステアロイルフィトスフィンゴシンの配合を採用。皮膚のバリア機能を構成する因子である「細胞間脂質」を整える効果を発揮し、「スクワラン(皮脂)」「アミノ酸(保湿成分)」とともに、肌のバリア機能を向上させる働きをしています。

「ノブⅢ」公式URL:http://noevirgroup.jp/nov/default.aspx

自分の肌に合うかは、ココをチェックしよう!

ヒト型セラミドは、もともと人の肌にあるセラミドと同じ構造をしているため、刺激が少なく安全性の高い成分とされています。ですが、どんな方にも絶対安全である、とは必ずしも断言できないのが実情。なぜならば、他の配合物で反応を起こす場合も考えられるからです。全ての化粧品において言えることですが、本格的に使用する前には必ずパッチテストをおこない、ご自分の肌で安全性を確かめることをおすすめします。

伊藤まゆ先生

監修ドクター:伊藤まゆ先生

■伊藤まゆ先生 プロフィール

M’sクリニック南麻布 院長
聖マリアンナ医科大学卒業後、同大学病院、関連病院にて消化器・一般外科に従事。「Zクリニック青山」「メディアージュ銀座クリニック(院長)」を経験した後に、「M’sクリニック南麻布」を開院。消化器外科医と美容医療の経験をもとに「体の内と外からの抗老化医療」をコンセプトにした診療を行っている。
「M'sクリニック南麻布」公式URL: http://www.ms-clinic.net/