セラミドTOP » セラミドと一緒にとりたい、相乗効果が狙える成分とは? » セラミドとコラーゲンの働きと効果的な摂取方法

セラミドと
コラーゲン



美容に良いとされるセラミドとコラーゲン。これら2つの違いや、効率的に摂取するための方法を?

コラーゲンの働き

コラーゲンの役割

コラーゲンといえば、誰もが美肌をイメージするのではないでしょうか。肌のハリを保つために不可欠な成分で、タンパク質の一種でもあるコラーゲンは、体の3分の1をも占めています。皮膚の層は表皮・真皮・皮下組織に分かれていますが、そのうち9割以上が真皮で肌の形や弾力をキープしているのです。真皮の成分のうち、7割はコラーゲン。コラーゲンが合成されることによって、肌の潤いやハリが保たれ、しわやたるみを防いでいます。

セラミドとの違い

セラミドも肌の潤いに欠かせない成分ですが、コラーゲンとは異なる皮膚の層に存在しているのがキーポイントです。セラミドは、皮膚の上層である表皮に位置し、潤いと共にバリア機能を守る役目を果たしているのです。つまり、コラーゲンがある層の上にあるのが、セラミドということ。乾燥から肌を守ってくれることから、外部からの刺激に弱い乾燥肌や敏感肌にも大きな潤い効果を発揮してくれます。

コラーゲンとセラミドは同時摂取しても良い?

コラーゲンとセラミドは、同時摂取が可能です。むしろ、同時摂取したほうが、健康的な肌をキープするために役立ちます。コラーゲンやセラミドなどに敏感になる人は、特に肌が乾燥しやすかったり、外部からの刺激に弱かったりする敏感肌の人が多いでしょう。外部からの刺激は、肌内部にあるコラーゲンを破壊することも可能です。コラーゲンが破壊されてしまえば、肌内部の潤いがなくなってしまいます。だからといって、コラーゲンだけを補っても、表皮でバリア機能を高めないことには、いつまでたっても外部の刺激からコラーゲンを守ることができないのです。


大切なのは、コラーゲンを補いながらもセラミドで表皮のバリア機能を高めること。これにより、真皮層の潤いを与えながら、表皮で外部の刺激から肌を守るセラミドが上手く機能してくれます。セラミドにもコラーゲンにも、化粧品やサプリメントなどのいろいろなアイテムが出ています。

コラーゲンを摂る方法

コラーゲンは真皮層に存在しているため、化粧品では成分が浸透しないと長年いわれてきました。最近では、コラーゲンの分子を細かくナノ化することによって、肌の奥にまで浸透させようとする開発が進んでいます。真皮幹細胞に直接的にアプローチすることによって、コラーゲンの生成自体をサポートする化粧品の開発も見逃せません。こうした動きは期待して見守るとして、現状は基本的にコラーゲンの摂取はサプリメントやドリンクで行うのが効果的です。


一般的な食品でも、コラーゲンを多く含むものはたくさんあります。鶏の手羽先、フカヒレなどは代表的なところです。魚介類でも、ウナギにはかなり多くのコラーゲンが含まれています。コラーゲンと一緒に摂取すると、有効な成分もあります。コラーゲンの生成に欠かせないのが、ビタミンC。必須アミノ酸の一種であるトリプトファンも、コラーゲンの生成に不可欠です。肌内部でコラーゲンと一緒に存在しているエラスチンも、コラーゲンと一緒に摂取すると効果的な成分です。