HOME » 特集:乾燥肌・敏感肌のための毛穴ケアLesson » セラミドと毛穴の意外な関係

セラミドと毛穴の
意外な関係

cosmetics selection

毛穴とセラミドはどういった関係性があるの?乾燥肌や敏感肌のケアで注目されている保湿成分「セラミド」ですが、毛穴トラブルのケアにも有効であると言われています。プツプツと目立つ毛穴を改善するために、セラミドはどんな働きをするのでしょうか。このページでは、毛穴トラブルのケアにも有効とされるセラミドと、毛穴の関係性について、ご紹介していきます。

毛穴の開きはセラミド不足から起こる?

毛穴が開いて目立ってしまうのは、角栓の詰まり・肌のたるみが要因として挙げられています。どちらの要因も肌の乾燥が引き金です。

肌が水分不足に陥ると、バリア機能の低下・ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌が起こりやすくなり、毛穴だけではなくあらゆる肌トラブルの元凶になると言われています。毛穴が開いてしまうのを予防するためには、こうした元凶を起こさせないための、乾燥肌対策である保湿ケアが必要です。

セラミドは、もともと角質層にある成分で、バリア機能を果たしている細胞間脂質の主成分です。そのため肌のバランスを保つのにとても高い効果を発揮しますが、不足すると乾燥を促進させてしまいます。つまり、セラミドの不足は毛穴を開かせる要因とも言えるのです。セラミドと毛穴の開きは、こんな関係性で繋がっています。

セラミドに副作用はあるの?

乾燥肌・敏感肌の改善だけではなく、毛穴トラブルの改善・予防にも有効なセラミドによるスキンケア。保湿効果が高いことでとても注目されていますが、それを使用することで副作用のようなトラブルがあるのかどうか、心配されている人もいることでしょう。

そもそもセラミドは、元来人の肌に存在する成分ですので、それを使用して副作用を起こすことはまずありません。ただ、化粧品に配合されているセラミド成分にはいくつか種類があり、動物性・植物性・合成など、生成の由来がそれぞれ異なっています。セラミドの効果に似せて科学的に作られた「セラミド様成分(疑似セラミド)」などもありますが、基本的にはどれも安全性が確認されているものばかりですので、トラブルの心配はほぼないそうです。

強いて言うならば、植物性セラミドでは、由来となる原料がアレルゲンとなる場合もあるようなので、何由来のセラミド成分なのかはチェックしましょう。

手軽に取れるセラミド配合商品

保湿成分として注目度が高まっている「セラミド」。そのため、多くの保湿ケア化粧品やサプリメントに、配合成分として採用されています。こう言うと、どれも同じセラミドなら効果も変わらないだろう、と思われるかもしれません。

しかし、化粧品などに配合されるセラミドには複数の種類があり、由来や効果などそれぞれに特徴を持っています。そのため、セラミド配合の商品を選ぶときは、まずどんなセラミド成分が配合されているのかをチェックするようにしましょう。乾燥が強い人ですと、保湿効果や親和性の高い動物性セラミドやヒト型セラミドがおススメですし、肌に優しい自然由来にこだわりたい人には、植物性セラミドがおススメとなります。また、配合量の多さも効果を左右する重要なポイント。

セラミドは基本的に高価な成分なので、商品の値段もそれなりとなります。極端に価格の低い商品などは、配合量が微量だという可能性がありますので、注意が必要です。

セラミドが含まれた化粧品ベスト5をみてみる

毛穴と関係の深いセラミドの種類

リーフ

化粧品やサプリメントに配合されるセラミドには、天然・植物性・ヒト型・合成の4つの種類に大きく分類することができます。それぞれに由来が異なり、それに伴って効果にも違いがあるようです。

吹き出し1
天然セラミド動物性
ウマなど動物の脳や脊髄から抽出・生成されたセラミド成分です。
吹き出し2
植物性セラミド
由来となる原料が米や小麦、こんにゃく芋などの植物であることが特徴です。動物性よりは多少保湿効果が弱くなりますが、安価で高配合が可能。肌に刺激が少ないとも言われています。
吹き出し3
ヒト型セラミド
酵母を利用して生成されています。人の肌にあるセラミドと同じ構造をしていて、浸透性や保湿効果が高いとされています。
吹き出し4
合成(疑似)セラミド
石油原料を元に化学合成された、セラミドと似た働きをする人工成分で、安価に大量生産できるメリットがある反面、配合されるセラミド種類の中で一番効果が弱いとも言われています。

セラミドが減少する原因のひとつは「加齢」

潤いのある健康的な肌を作り出すためには、肌の中の水分と油分のバランスをとり、外部刺激からお肌を守らなければなりません。その大きな役割を果たすのが、角質層のバリア機能であり、それを構成する細胞間脂質の主成分・セラミドです。

美肌のためにはとても重要な成分ですが、様々な要因によって減少してしまうこともわかっています。その中でも非常に残念な要因が「加齢」です。私たち人間の身体を構成する細胞は、水分に満たされています。赤ちゃんの肌がみずみずしいのもこのためです。

ところが年齢を重ねていくと、体内の水分は減少し細胞の活動も低下していきます。すると、体内でおこなわれているセラミドの生成も滞るようになり、必然的にセラミドも減少していってしまうのです。セラミドの減少は肌のバリア機能も低下させるため、乾燥肌が進んだり外部刺激による肌トラブルを引き起こしやすくしてしまいます。

セラミドをきちんと補って潤み肌へ

加齢によるセラミドの減少は、いわば自然現象ですからどうすることもできないものです。「加齢」という原因をなくすことはできませんから、減少した分を補ってあげることでしか、改善する手立てはないのです。

そのために効果的なのが、内と外からのアプローチです。セラミド配合の化粧品を使って、外側から肌にセラミドを補給してあげると同時に、サプリメントなどを利用して、内側からもセラミドの生成を促すよう働きかけるのが、角質層内のセラミドを増やすためには、とても有効な対策であると言えるでしょう。

お肌の奥深く隅々にまでセラミドが行き渡り、保湿効果とバリア機能効果を発揮してくれれば、乾燥を改善するだけでなく肌に健康的なハリと弾力も取り戻すことが期待できます。これは、たるみの改善にも繋がり肌のきめも整ってくるため、毛穴が目立たなくなるという効果が得られるのです。これらの理由から、セラミドによる保湿ケアは毛穴ケアにも大変有効と言えます。