HOME » 特集:乾燥肌・敏感肌のための毛穴ケアLesson » 乾燥肌と毛穴トラブルの関係

乾燥肌と
毛穴トラブルの関係

cosmetics selection

オイリー肌だけじゃない?乾燥肌と毛穴のトラブル毛穴トラブルというと、オイリー肌を連想される方も多いと思います。しかし意外にも、オイリー肌だけでなく乾燥肌も毛穴トラブルと深く関係しているのです。このページでは、乾燥肌と毛穴トラブルの関係を示すために、トラブルの種類とその原因や、乾燥肌における毛穴トラブルの改善方法などについて、ご紹介していきます。

乾燥肌で起こる毛穴トラブルの種類

つまり毛穴

毛穴に余分な皮脂(角栓)が詰まり、毛穴を目立たせているタイプのトラブルです。プツプツとした見た目で色には目立った変化はありませんが、触るとざらざらしているのが特徴で、「白ニキビ」「角栓詰まり」といった呼び名で表されることもあります。
つまり毛穴は、ケアせずにそのまま放置すると、詰まった角栓が酸化し黒ずんでしまったり、ニキビができてしまったりすることもあるそうです。特に、皮脂分泌の多い10代によく見られる症状です。

毛穴は目立つけれども、触ってもざらざらしないのが特徴の毛穴トラブルタイプです。角栓が詰まっている様子や毛穴の黒ずみはありません。これは、皮脂の過剰分泌が大きく関係している毛穴トラブルで、基本的に皮脂の多いTゾーン周辺に現れやすく、広がった毛穴の形が丸いのが特徴。生まれつき皮脂腺が大きい人やオイリー肌の人に多く見られ、中でも特に皮脂分泌の盛んな20代前半までの若い時期に、現れやすい毛穴トラブルと言われています。

開き毛穴

たるみ毛穴

肌がたるむことによって、頬あたりの毛穴が目立ってくるタイプのトラブルです。やはりこちらも毛穴に角栓などのつまりはなく、触ってもざらざら感はありません。広がってしまった毛穴の形がしずく(涙)型で、主に頬やほうれい線周りに現れやすいのが特徴です。加齢や乾燥肌・紫外線などの外部刺激が大きく関係しているので、30歳を境に現れやすくなる傾向があります。また、ダイエットなどで急激に痩せた人にもできやすい毛穴トラブルです。

毛穴の色が黒っぽくなり、触るとざらざらしているタイプの毛穴トラブルです。この毛穴の黒ずみは、詰まっていた角栓が酸化したもので、イチゴの種のようにぶつぶつ盛り上がっているのが特徴。皮脂分泌の多いTゾーンを中心に、特に小鼻の周りに現れやすいとされています。皮脂分泌の落ち着く20代半ば以降はトラブルになりにくいとされていますが、肌のターンオーバーの乱れも関係しているので、絶対にならないとは言えないようです。

黒ずみ毛穴

毛穴トラブル別!原因を解説

つまり毛穴

バリア機能を向上させるために、セラミドを補ってあげたい角質層というのは、私たちの肌表面にあります。そのため、セラミドを手っ取り早く補給するのに、化粧水などのセラミド化粧品でケアするのは有効なのです。
良い化粧品を選ぶポイントは、「セラミドの配合量」と「テクスチャー」です。天然セラミドは高価なため、配合量が多いとそれなりのお値段となってしまいますが、少ないと効果があまり得られないので配合量の多いものを選びましょう。また、セラミドは水性成分ではないため、乳液状のテクスチャーのものが多くなっています。サラッとしたテクスチャーのものは、配合量が極めて少ないか、界面活性剤が多く使われている可能性があるので注意が必要です。

つまり毛穴は、皮脂や古い角質が毛穴に詰まってしまうことで起こります。その原因として挙げられるのが、皮脂の過剰分泌と肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れです。特に皮脂の過剰分泌は、皮脂腺が必要以上に拡張するため、毛穴が広がり、余計に目詰まりを起こしやすくしてしまうと言われています。この皮脂の過剰分泌が起こるのは、思春期による時期的なものと生まれつき皮脂腺が大きい先天性のもの、または乾燥肌が関係しています。

開き毛穴

たるみ毛穴

たるみ毛穴の原因は、ズバリお肌のたるみです。加齢や乾燥が原因でお肌を下から支えている真皮層のコラーゲンやエラスチンといった繊維細胞が痩せてしまい、支えを失った肌が重力に逆らえず下に垂れ下がった状態が肌のたるみ。弾力を失った肌が下がる時、表面の皮膚も一緒に下へと引っ張られますので、毛穴も伸びるようにして広がってしまうのです。そのため、頬やほうれい線周囲に現れやすく、形もしずく(涙)型をしているのです。

黒ずみ毛穴は、毛穴に詰まった角栓が代謝されずに留まり酸化してしまうとできてしまうトラブルです。つまり毛穴の進化形といっても良いかもしれませんね。例え不要な物が毛穴に詰まってしまっても、代謝が活発であれば上手くはがれ落ちて、酸化してしまうことはありません。しかし、加齢や乾燥などで肌のターンオーバー(代謝)の周期が乱れると、古い角質がいつまでも肌に留まるので、黒ずみ毛穴の要因となってしまうのです。

黒ずみ毛穴

正しい毛穴ケアを!乾燥肌ケアのコツをレクチャー

乾燥肌は、肌の水分量が低下し肌のバリア機能が正常に働かない状態にあります。健康な肌細胞は十分な水分に満たされていますが、バリア機能が低下した乾燥肌の場合、外部刺激の影響を受けやすく、また肌にある水分が蒸発しやすいのです。そのため、お肌は自分を守るために、なんとか細胞内の水分が蒸発しないように、皮脂を過剰に分泌し保護をしようとするのです。

毛穴トラブルを防ぐためには、余分な皮脂を肌に留めおかないというのは、基本的なケアになります。けれども、水分保持に必要な油分まで洗い落としてしまっては、皮脂の分泌を余計に促すだけでなく乾燥肌も悪化させてしまう結果に…。

乾燥肌の毛穴ケアで必要なのは、肌の水分と油分のバランスをとり、バリア機能を正常に整える事です。古い角質など汚れは落としても皮脂は落としすぎない洗顔と、しっかりした保湿ケアをしていくことが、毛穴ケアとしても乾燥肌ケアとしても、正しい方法とされています。

よりカサカサ肌へ…乾燥肌にNGなスキンケアとは?

毛穴ケアを含め、乾燥肌のスキンケアでNGなのは、皮脂の落としすぎと肌に刺激を与えることです。乾燥肌はバリア機能が低下しているため、あらゆる刺激に対して敏感になっています。毛穴に詰まった汚れを落とさなければとゴシゴシ洗顔をしてしまうと、それが肌への強い刺激となって負担をかける事となり、赤みや腫れ・痒みなどの皮膚トラブルになりかねません。また、荒れてしまっている角質層をさらに荒れさせてしまい、乾燥肌をより悪化させる結果となってしまうのです。

洗顔する時は、潤い成分の入った洗顔料などで、優しく泡洗顔をするのがおススメです。また乳液など適切な油分の補給も、過剰な皮脂分泌を抑え水分を保持するのに必要です。