セラミドTOP » 特集:乾燥肌・敏感肌のための毛穴ケアLesson » 毛穴に効く化粧品選びの極意

毛穴に効く
化粧品選びの極意

cosmetics selection

日常使いの化粧品選びが毛穴レス肌を作る!毛穴トラブルを改善していくのに、スキンケアは欠かせない対策方法の一つです。正しく効果的な毛穴ケアをしていくには、正しい化粧品選びも重要なポイントと言えます。では、どんな化粧品を選んだら毛穴ケアに効果的なのでしょうか?このページでは、そうした「毛穴に効く化粧品」について、ご紹介していこうと思います。

これが毛穴に効く!アイテム別の化粧品の選び方

毛穴トラブルを改善するためには、まず主な要因である開いた毛穴を引き締めることと、たるんだ肌をリフトアップさせることが必要です。配合成分としては、「セラミド」「ビタミンC誘導体」「レチノール」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「イソフラボン」などがおススメで、保湿効果が高くお肌をふっくらさせ、毛穴を目立たなくさせる効果が期待できます。

トラブル別に見ると、以下の2つが適しているそうです。

  • 「たるみ・開き毛穴」タイプには、ビタミンC誘導体やレチノール
  • 「黒ずみ・詰まり毛穴」タイプには、セラミド・ヒアルロン酸

では以上を踏まえて、毛穴ケアに適した化粧品の選び方をアイテム別に見ていきましょう。

クレンジング
・洗顔料

クレンジング・洗顔料を選ぶときの大前提は、肌に負担をかけずに汚れを落とすことです。メイク落としであるクレンジングは、ジェルや乳液タイプの物が肌への負担が少ないのでおススメ。アルコールが配合されていない商品であれば、敏感肌の方にも安心です。
ただ、ジェルタイプは濃いメイクが落ちにくい面もあるので、ポイントメイクはオリーブオイルなどで事前に軽く落としておくと良いでしょう。洗顔料は、オイルフリーで無添加であることや、セラミドなど保湿成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。泡洗顔でこすり洗いをしないというのが、洗顔の鉄則です。

化粧水は、保湿だけでなく開いてしまった毛穴を引き締めるのにも効果的なアイテムです。洗顔後の肌を化粧水で整えることで、次におこなうスキンケア効果が高まります。浸透性が高く保湿効果に優れた商品を選ぶことがポイント。
手のひらにとって肌を包むように馴染ませていくのも良いですが、コットンパックが最もおススメな導入法です。パッティングをおこなうときは、パシャパシャと叩くよりも、コットンで少量ずつ優しくパッティングしていくとより高い効果が得られます。

化粧水

美容液

失われがちなお肌の美容成分を補給してあげるのに適しているのが、美容液によるスキンケアです。化粧水に比べて栄養成分が高濃度で配合されていて、浸透性にも優れているアイテムです。栄養成分に特化した商品がほとんどなので、トラブル別に必要とされる成分が高配合されている美容液を選ぶことが大切。
顔全体に美容液を伸ばしたら、手のひらの温度を利用してお肌に浸透させていきましょう。

乳液やクリームを使用するスキンケアは、油分のベタつきを気にして敬遠されている方も少なくないかもしれません。しかし、スキンケアによる保湿効果を高め、肌のバランスを整えるのに大きな役割を果たしてる、毛穴ケアにはとても大切なステップです。

水分量が多めに配合されている商品であれば、ベタつき感が少ないので使いやすいです。薄く伸ばすように肌につけて手のひらで温めると、気持ち良いのでおススメ。また、乾燥が気になる箇所には、重ねづけして保湿力を高めていくのも有効です。

乳液・クリーム

毛穴予防には化粧品以外のスキンケアも大切

リーフ

いつも通りちゃんとスキンケアしているのに、なんだか最近肌の調子が良くない…、そんな感じを受けるときはありませんか?実は私たちの肌は、年齢やその時の生活環境などで刻々と変化していきます。

そのため、以前は問題なかった化粧品やスキンケア方法が、合わなくなってしまうことも不思議ではないのです。肌を健康的で美しい状態に保つためには、その時の肌状態に一番適したスキンケアが必須。年齢や生活環境が変化した時などにスキンケアを見直してみるのは、美肌を保つ重要なポイントです。もちろん、毛穴トラブルの予防・改善にも大きな効果を発揮しますので、是非とも取り入れたいことの一つと言えます。

角栓を作らない!スキンケア以外の予防法

毛穴トラブルを起こさないようにするためには、角栓を作らないことです。汚れを皮膚に残さないお手入れはもちろんですが、乱れている肌のターンオーバーを整えて、角栓の元となる古い角質が速やかに排出するケアも重要。

約28日周期で繰り返される肌のターンオーバー(新陳代謝)ですが、加齢や生活習慣の悪化、紫外線や空調設備などの生活環境、ホルモンバランスの変化、肌の乾燥などが要因となり、その働きを滞らせてしまいます。

そうなれば、古くなった角質が新しい肌細胞と交代できずに、いつまでも肌表面に固く張り付いて残ってしまうことに…。そしてそれが毛穴に詰まり、角栓となってしまうのです。こうした負の連鎖的な工程を断ち切り、毛穴トラブルを未然に防ぐためにも、ターンオーバーを正常に整える必要があります。そこで、普段からできる予防対策法をお教えします。

生活習慣を見直す

ターンオーバーの乱れと生活習慣の悪化は、とても密接に関係しています。特に不規則な生活による睡眠不足や、栄養の偏った食生活の乱れ、過度なストレスなどが主な要因として挙げらます。睡眠不足や栄養の偏りは、コラーゲンやエラスチンの生成を妨げ、真皮層で新しい肌細胞が作られるのを滞らせる元となる可能性大。またストレスや喫煙などは活性酸素を生み出し、老化を促進しホルモンバランスを崩す原因にもなります。こうしたことから、お肌のためにも身体のためにも生活習慣の見直しと改善は、とても大切なポイントと言えるのです。

優しく角栓を取り除ける入浴法

角栓を作らないためには、まず肌に古い角質やホコリ・メイク汚れなどを残さないことが大切なポイントになります。でも、ゴシゴシと強くこするように汚れを落とすのは、肌に強い刺激となりかえってトラブルを悪化させかねません。そこでおススメなのが、お風呂で湯船にゆっくりつかること。お湯の蒸気で毛穴が開いて汚れが浮きやすくなり、優しい洗顔でもスッキリと汚れを落とすことができます。また、リラックス効果にもつながりますので、ターンオーバーを整える作用も期待ができるのです。