HOME » 特集:乾燥肌・敏感肌のための毛穴ケアLesson » 毛穴を目立たなくする3つの方法って?

毛穴を目立たなくする3つの方法って?

cosmetics selection

毛穴を目立たなくする3つの方法毛穴を目立たなくする方法として、下記3つのポイントでお話ししていきます。

  1. ●毛穴詰まりの解消
  2. ●スキンケアの見直し
  3. ●お肌のターンオーバーの整備

イヤな毛穴詰まり…取り除くには?

毛穴に角栓が詰まっている状態を、「毛穴詰まり」と言います。角栓は古い角質や余分な皮脂のことで、これらが詰まると毛穴は広がり目立つようになり、さらに悪化していくと黒ずんだり、炎症を起こしてニキビになってしまうこともあります。「毛穴詰まり」を解消するためには、毛穴に詰まった角栓を取り除くことが必須です。

無理やりケアは毛穴を傷つけるだけ

それなら、毛穴に詰まった角質を取り除けばいい!と思うかもしれません。しかし、無理矢理角栓を取ろうとして肌に大きな負担をかけてしまうのは、絶対に避けたいところ。ゴシゴシとこするような洗顔はその代表格で、お肌を傷つけセラミドなど必要な潤いまで洗い落とし、乾燥という大きなトラブルを招くことになってしまいます。お肌に負担をかけずに毛穴の角栓だけを取り除くためには、まず肌や毛穴を柔らかい状態にしてあげるのがおススメです。

肌を傷つけない毛穴ケア法とは?

毛穴を柔らかい状態にしたら、指で優しくマッサージをおこなったり、蒸しタオルで肌をじんわりと温めてあげるのが良いでしょう。そうして毛穴を柔らかく開きやすい状態にしたら、角栓を除去していくのですが、器具を使って強引に角栓を取り除いていくのは、肌を傷つける可能性が高いのでおススメ出来ません。

以下は、オススメの毛穴ケア方法です。

「オリーブオイル」 肌に負担をかけないよう、成分が人間の皮脂に近いオリーブオイルなどを利用します。人肌に温めたオリーブオイルを優しく肌に塗り込み、2~3分ほど放置すると角栓が浮いてきます。それを濡れたコットンで丁寧に拭き取った後、洗顔をおこなって終了です。

「毛穴パック」 やり過ぎないことを前提にするならば、鼻パックの利用も角栓除去には効果的です。でも、くれぐれも注意したいのは、皮膚を傷めてしまうのでシートパックを無理やり剥がしたり、力を入れて肌をこすったりしないこと。そして、角栓を除去した後は、必ずお肌を冷やして開いた毛穴を引き締めるアフターケアを欠かさずおこないましょう。そうしないとせっかく角栓は除去したのに、毛穴は開いたままという本末転倒なことになってしまいます。

正しいスキンケアで毛穴を目立たなくするはできるの?

毛穴トラブルを引き起こす要因として大きく関わっている、皮脂の過剰分泌や古い角質やメイク汚れ。これらの要因を取り除くために、洗顔はとても重要なスキンケアと言って良いでしょう。ですが、あなたの洗顔方法は毛穴ケアに、本当に有効と言えるものでしょうか?

実は、肌から汚れを落とす洗顔は確かに毛穴ケアにとって有効ですが、一つ間違うと毛穴トラブルを悪化させてしまう可能性も秘めているのです。

水分と油分のバランスが大切

私たちの肌を健康で美しい状態に保つためには、お肌の水分と油分のバランスがとれていなければなりません。それが、顔から皮脂や汚れを落とそうとするあまり、ゴシゴシと強くこするような洗顔をしてしまうと、不必要な汚れだけではなく必要な油分や水分まで洗い落としてしまいかねないのです。

そうすると、バリア機能を果たす角質層を傷つけることとなり、あらゆる肌トラブルの要因である乾燥肌を招いてしまいます。こうした事態を避け、毛穴ケアに有効な洗顔をするためには、泡洗顔のように肌に負担の少ない洗顔と、セラミドなど保湿成分が配合され潤いを残して洗い上げることのできる洗顔料を利用するのがおススメです。

スキンケアで重視したいアイテムとは

もう一つ、毛穴ケアのためにぜひ重視したいアイテムが、化粧水になります。洗顔で毛穴トラブルに繋がる汚れを落とした肌は、まだ毛穴が開いた状態にあります。開いた毛穴を引き締めつつ肌に潤いを補給していくのには、化粧水によるケアは欠かせません。

そこでおすすめしたいのが、「ヒアルロン酸ナトリウム」と「セラミド」が配合されている製品です。ヒアルロン酸ナトリウムはもともと神秘そうにある成分で、水分を保つのに優れた効果が、またセラミドには、角質層の細胞間脂質の主成分で、肌の潤いをキープしバリア機能を高める効果があり、毛穴ケアに最適と言えるのです。

毛穴を目立たなくする成分をおさらい

毛穴トラブルを改善・予防するためには、まず開いてしまった毛穴を引き締めなければなりません。そのために、効果的な成分を見てみましょう。

1
セラミド
セラミドは肌のバリア機能を高める働きと、優れた保湿効果を持っている成分です。外部刺激から肌を守り潤いで満たすことで、肌のキメや弾力をもたらし毛穴を引き締めます。
2
ヒアルロン酸ナトリウム
もともと肌の土台・真皮層にある成分で、皮膚の水分量を保つための役割を持っています。肌細胞をふっくらさせ、キメの整った状態に導くことで、毛穴を引き締めていきます。また、セラミドなど他の成分と組み合わせて取り入れることで、より高い効果をもたらします。
3
ターンオーバーの仕組み
皮脂とともに毛穴に詰まって角栓となるのが、古くなった角質です。私たちの肌はある一定の周期(大人の場合約28日)で、新しい肌へと生まれ変わっています。新しい肌細胞は肌の奥にある真皮層から生まれて、時間とともに肌表面へ現れ、最終的には肌表面からはがれ落ちます。これを肌のターンオーバー(新陳代謝)と言い、はがれ落ちるのが役割を終えた肌細胞・角質(垢)なのです。

ターンオーバーを正常化し毛穴も目立たない肌へ

ターンオーバーが正常に機能していれば、こうした肌の生まれ変わりもスムーズにおこなわれ、お肌も常に健康で若々しい状態を保てるのですが、年齢や生活習慣などの要因で正常な周期を保てず乱れてしまうことがあります。

すると、古くなってはがれ落ちるはずの角質がいつまでも肌表面に留まることとなり、新しい肌も表面に表れなくなります。こうした古い角質が毛穴に詰まると毛穴トラブルを引き起こすだけではなく、シミやくすみにも繋がるのです。ターンオーバーを乱す要因には、加齢・生活習慣・ホルモンバランス・乾燥肌・紫外線などの外部刺激が挙げられます。加齢はどうすることもできませんが、その他の要因に関しては、ケアをしていくことで改善していくことが可能です。

ピーリングを活用した角質ケア

中でも、睡眠や食生活を見直して生活習慣を整える、肌のバリア機能を高めるために保湿ケアをしっかりする、という日常的な改善法がおススメです。ただしスキンケアに関しては、角質を取り除くことだけに集中してしまうと、これもまたターンオーバーを乱す要因となりかねません。

ピーリング効果のあるスキンケアなどは、スペシャルケアとして頻繁におこなわないのが基本。できれば、セルフケアではなくエステサロンなど、プロの技術を利用して、肌に不要な負担をかけずに角質除去をおこなってください。