セラミドTOP » セラミドの効果大全 » ニキビに~セラミドの効果4
セラミドの効果大全

ニキビ肌に効く!
セラミドの効果を詳しく解説

ニキビ肌の人はこんな人
あなたはニキビ肌?~肌状態をチェック!
ニキビができる前、肌にはさまざまなサインが出ています。ニキビ肌になりやすいか判断するために、以下のチェックリストで当てはまるものがあるかどうか、チェックしてみましょう。
  • 皮脂や角質が毛穴に詰まっている
  • 毛穴に詰まった皮脂が、白い点のように見える
  • 毛穴が開いて黒く見える
  • 毛穴とその周辺が赤く腫れる
  • 赤ニキビの炎症が悪化し「膿」が出てきた
  • 毛穴周辺にゴリゴリとしたしこりがある
  • オイリー肌、もしくは部分的にオイリーな混合肌

ニキビができる原因

ニキビができる原因は、皮脂が過剰に分泌されて毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まり、炎症を起こすことにあります。そのために、オイリー肌の人のほうがニキビはできやすいと考えられがちかもしれません。しかし、ニキビは乾燥肌の人にもできます。その主な原因は、角化異常(過角化)です。角質が自然と剥がれ落ちずに、角質層が厚くなり、毛穴がふさがって皮脂が詰まりやすくなります。

角質層が厚くなってしまう原因は、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れ。ポイントは、肌内部で水分を保持している角質細胞間脂質のセラミドです。セラミドが不足すると皮膚のバリア機能は低下し、外部からの刺激に敏感になってしまいます。肌は刺激から身を守るため、角質を厚くするのです。

セラミドが不足している乾燥肌は、ターンオーバーも乱れるようになります。ターンオーバーが乱れれば、古い角質が肌にたまっていき、角質層はさらに厚くなってニキビができやすくなるのです。さらに、洗顔のしすぎや間違ったクレンジングなど、間違ったスキンケアもニキビの大敵。肌に合っていない化粧品、毛穴に入り込みやすいリキッドファンデーションなども肌の乾燥につながり、ニキビを悪化させてしまいます。紫外線もまた、ニキビが悪化する要因です。

睡眠不足やストレス、脂っこい食生活や不規則な食事なども、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。男性ホルモンの分泌が促されることで、角質層が厚くなることも。このように、ニキビができる要因はさまざまです。自分のニキビの原因は何か、スキンケアをはじめ、生活習慣も併せて振り返ってみましょう。

セラミド化粧品を使って
ニキビ肌が改善した人の声を集めました!

ニキビにお悩みの方は油分を気にされているので、保湿ケアは敬遠しがちです。でも、セラミド化粧品でのスキンケアはニキビの改善にも実は効果的。では、セラミドでニキビが改善した人の声をご紹介しましょう。

(41歳・女性・混合肌)
毛穴の開きや吹き出物の悩みがウソのよう!
以前は、毛穴の開きや吹き出物・たるみ・くすみなど肌悩みのオンパレードでした。改善したいけれど、どんなスキンケアをすれば良いのか迷っていた時、セラミドケアが良いと聞いて半信半疑ながら始めてみると、これが大当たり!乾燥もオイリーも改善して、肌がもっちりしてきました。
(38歳・女性・混合肌)
ニキビができにくい肌に変わった
敏感肌とオイリー肌の混合肌で、季節の変わり目にはいつも大人ニキビなどの肌トラブルを起こしていました。肌に合う化粧品になかなか出会えなかったのですが、敏感肌でも大丈夫と言うことで、セラミド化粧品を使ってみることに。調子が悪いときでもトラブルなく、今は肌バランスがとれてニキビもできにくくなりました。
(37歳・女性・普通肌)
大人ニキビが改善し肌もモッチリに
仕事のストレスからか、大人ニキビに。若い頃にしていたニキビケアではあまり効果がなく悩んでいたところ、友人からセラミド配合の化粧品をすすめられました。でも、保湿ケアなんてしたらかえって油分が多くなって悪化するのでは…と思っていましたが、杞憂に終わりました。ニキビが改善され肌ももっちりに。大満足です!
(25歳・女性・混合肌)
鼻にできる大きなニキビが解消!
Tゾーンが脂性で、いつも鼻の上に大きなニキビができてしまうのが悩みでした。お化粧でも上手くカバーできず、ずっと改善したいと思っていたところ、皮膚科のお医者さんからセラミドケアをすすめられたのです。保湿効果は高いけれどさっぱり使えるジェルタイプで、悩みだった鼻ニキビもできにくくなり、お化粧ノリも良くなっています。
(24歳・女性・乾燥肌)
ニキビにしみなくて助かります
頬にプツプツと小さなニキビができやすく、スキンケアをしようと思っても化粧水などがニキビにしみて、上手くケアできない状態に。悩んで皮膚科を受診したところ、日常のケア用にセラミド配合製品を紹介されました。おそるおそる使ってみると、ニキビに全くしみなかったので安心!おかげで今は症状も治まっています。

なぜ、セラミドがニキビ肌に効果的なのか?

乾燥を防ぐ高い保湿効果

セラミドがスキンケアで注目されている一番の理由が、その高い保湿効果と効果の持続力です。大人ニキビが発症する要因の一つに、肌の乾燥が挙げられています。一見表面はオイリーに見えても、実は肌内部が乾燥しているということが、大人ニキビの場合ケースとして多いのです。

強力な保湿成分であるセラミドを補給し、肌に潤いを取り戻してあげることで、皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待でき、ニキビの改善に繋がります。

アクネ菌の侵入を防ぐバリア効果

肌表面に位置する角質層は、肌にとって刺激となる要因からお肌を守るバリア機能の役割を果たしています。ニキビの元とも言えるアクネ菌もその一つで、バリア機能が正常に働いていれば、侵入を防いでくれる効果も期待できるのです。

セラミドは、角質層を構成する細胞間脂質の主成分ですので、補給してあげることで乱れたバリア機能を整える作用を発揮します。アクネ菌をブロックし、肌の水分を保持することで、ニキビの発生を防ぎます。

ハリと弾力を取り戻す毛穴ケア効果

ニキビは、毛穴に古くなった角質や皮脂が詰まってしまうことから始まるとされています。毛穴が開いているとそういったものが詰まりやすく、ニキビのリスクが高まってしまうのです。

セラミドで保湿ケアをおこなうことは、肌細胞を健康に保つために必要な水分を保持し、外部刺激から肌内部を守る働きがアップするので、肌の弾力やハリを取り戻すのにも効果的です。肌のキメやハリ・弾力が戻ると毛穴の開きも改善され、ニキビ予防に繋がります。

ニキビ肌を改善するために今すぐやりたい3ステップ!

ニキビ肌を改善・予防するための肌作りに、今すぐにでも始められる3つの改善ポイントをご紹介していきます!

規則正しい睡眠で免疫力アップ

生活のリズムが不規則で睡眠不足に陥ると、身体の免疫力が低下して肌にニキビができやすくなることが指摘されています。

肌を再生させるのに必要な成長ホルモンの分泌は、就寝中におこなわれます。ですので、今できているニキビを早く改善させるためには、睡眠が大きな役割を持っていると言えるのです。でも、ただ眠るだけでは体内のリズムが乱れ、あまり効果は期待できません。できるだけ同じ時間に寝て起きるという、規則正しい睡眠を心がけましょう。

バランスの良い食事で代謝アップ

ニキビを作らせない肌作りのためには、食事の見直しもぜひやって欲しい改善ポイントです。

ダイエットで敬遠されがちですが、魚や肉に含まれるタンパク質(アミノ酸)は、肌を作るのに必要な栄養素。それに、ビタミンAやビタミンCという美肌に効果的な栄養素が加わると、よりお肌への効果がスムーズに発揮されます。

これらの栄養素をバランス良く摂っていくことで、新陳代謝も活発になり、内側から肌の改善をおこなうことが期待できます。

スキンケアでリラックスタイムを

過度なストレスがかかった時、ニキビができやすいと感じている方も多いと思います。まさにその通りで、ストレスも肌トラブルを引き起こす大きな要因。ホルモンバランスが崩れ、肌の老化を早めるとも言われています。

おススメなのが、セラミド化粧品を使っておこなうスキンケアや入浴を、リラックスタイムとして利用すること。ゆったりとお手入れしてあげることで、日頃のストレスで固くなっている心と体を緩めてあげましょう。

ニキビ肌に効果的なセラミド化粧品を選ぶポイント

ニキビの原因が乾燥肌の場合、セラミド化粧品でしっかりと保湿をすることが大切。バリア機能を高めてくれる、保湿効果の高いセラミド化粧品の選び方を紹介します。

ひとつはセラミドの種類です。セラミドには7種類ありますが、なかでもバリア機能を高めるのがセラミド1、高い保水力を持つのがセラミド2と言われています。そのため乾燥対策としては、セラミド1、セラミド2と書いてあるものを選ぶといいでしょう。近年ではセラミドナノスフィアという、角質層のすみずみまで浸透するセラミドも登場しています。そのサイズは通常のセラミドの20分の1。より高い保湿力を実感できるでしょう。

次に、配合量も重要なポイント。安すぎるものやテクスチャーがサラッとしているものは、セラミド配合量が少ない確率が高いです。高額であればいいということではありませんが、安すぎるセラミド化粧品は選ばないほうがいいでしょう。また、化粧品の成分表示は配合量の多いものから順に記載されるため、セラミドがどの順番で載っているかをチェックし、最初のほうに記載されているものを選ぶことが大事です。